上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
コイズミは「自民党をぶっ壊す」といったが、それ以前から自民党は壊れていた。

10年も前から公明党と連立を組まなければ選挙にならないのだから、むしろ、よくここまでながらえてきたもの。



なにより、民主の政権担当能力を問うアソウ自民に政権担当能力など、すでになきに等しい。



政権のうまみをしゃぶり尽くした結果の社会保障費削減を柱とする“骨太財政”も、バラマキアソウ、凍結道路を次々に復活させ、社会保障費の自然増も認めるというのだから肝心要の“骨”を抜かれ、体をなさず。



そのツケを消費税アップでまかなうというのだから、これをもって政権担当能力などというのなら、誰にも政権担当能力アリとなる。



お笑いグサだが、政権担当能力を誇らしげに言い放つアソウ自民でありながら、年金崩壊は目前だし、医師不足、病院倒産で医療制度も壊滅的、なにより雇用保証こそ国家の大仕事なれど、それもままならず。



一次産業ないがしろにしての産業構造の偏重ぶりも、100年に一度の経済不況で顕在化。



「安心、安全」とおっしゃるけれど、ボーナス減額、あるいはゼロ査定で、この6月は住宅ローン返済できぬ人々、家を追われ、残るはローンだけという地獄を見る。



そして、一日あたり100人もの自殺大国になっている国家が先進七カ国の一員だとは、笑止。



ついでに言わなければ気が済まぬが、コイズミ、アベ、フクダ、アソウと4代続けての世襲議員による権力たらい回し。

この閉塞感、北朝鮮のそれと変わらぬ重たい空気が漂う。



どの面さげて、サミットに出席されるのか、アソウさん。





政権与党でいることは蜜のようにおいしいのだろうと想像がつくが、美学もクソもない、なりふりかまわず、人気者ヒガシコクバルに出馬を要請というのだから、いよいよ落ち目の坂を転げ落ちる。



が、ヒガシコクバルも、なかなかの芸人、いや、政治家ぶり。



「私を総裁候補として認めろ」と自民党をコケにし、

「全国知事会作成の提言を自民党のマニフェストにせよ」と、中央官庁潰し丸見えの条件を出す始末。



これを認めたら目先の選挙に勝ったとしても、自民党は間違いなく跡形もなく壊滅する。

ヒガシコクバル、師匠ゆずりか、それほどの猛毒を放った。



「自民党をぶっ壊す」といったコイズミは、“猫だまし”まがいの郵政選挙で大勝ちしたが、自民壊滅はいよいよ秒読み段階。



が、座して待つより、『ゴルゴ13』で外交を学んだとのデマを流されるほどのマンガ通のアソウさん、ニヤニヤしながら、なんらかの奇策で打って出るか。

まさか、デューク・東郷さんに依頼など、していませんよね。
2009.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/63-b0b20948

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。