上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
自分のオナラは許せるけれど、人のオナラは許せない。

この気持ち、わからないではないが、やっぱり無理がある。



崖っぷちにたっている国が、プッ、プッと二度ばっかりくっさい屁を放ったからといって、

「あの屁だけは許せない」

と世界一のオナラ大国が非難するのは、ちゃんちゃらおかしい。



自分たちアメリカはさんざんっぱらやっておいて、北朝鮮がやっちまったら国際社会を持ちだして孤立を深めるだの、なんだのと優等生風イジメっ子のような言い分を展開する。





だいたいオバマ・アメリカが核の削減を言い出したのだって、従来の核兵器が古くなったので、それを処分せねばならない時期が来ているだけの話。

しかも、アメリカが保持していたって相手はテロリストなのだから宝の持ち腐れ、使い道もない。

ならばテロリストに使われる前に廃絶すべきと考えるのは、当たり前の思考。



本気で削減、廃絶するのなら、隗より始めよ、人の顔色をうかがわず、さっさとやればよい。

ならば、北朝鮮に対しても説得力をもつ。

国際社会も立ち上がって拍手、オバマを世界の救世主として崇める。





しかし、アメリカ、自分たちは保持しつづけているから、貧者の恫喝を得意とする北朝鮮も引かない。



核施設の無能力化と引き換えにテロ指定国家解除。

だが、気がつけば核実験、ミサイル発射、核の小型化まで手をつけているともいわれ、アメリカ外交は人類をますます危機においやっている。





一方の日本、北朝鮮の核実験をチャンスとばかりに自民党防衛部会では『防衛大綱』に「敵基地攻撃能力の保有を要求」という話が出ている。

要するにやられる前にやれ、という発想。

ついでに言えば自民党は、「武器輸出三原則の緩和」を方針として固めたというから、これ、軍需産業復活で、戦争こそ最大の景気対策となる道筋。

これは危ない。



「攻撃は最大の防御なり」

なんて話はスポーツの世界では当たり前だが、これを国家の間でやりあったら、互いの国土は、それこそ火の海と化す。

誤爆と称して都市を攻撃、女子供を大量に殺戮するなんてのもアリ。

いったい、なにをもって防衛と言うのか、そのあたり、わけがわからなくなっている。



そのうち日本も核武装すべき、という流れが作られていくだろうが、そんな話にはいっさい聞く耳持たず。

北朝鮮がいやがらせに屁をこいた、と、その程度に考えておくことだ。



そんなことよりも、新型インフルエンザにみるこの国の対応、水際対策なんてことで、すべての力を水際に結集して防衛しようとしたが、あっさり破られ、関西圏であっという間に感染拡大。



潜伏期間を考えれば水際で食い止めるなんてのは、誰が考えても無理。

「時間かせぎになった」と舛添大臣は胸を張っていたけれど、時間をかせいで、なにをなさっていたのか。



「濃厚接触」などと、若い娘さんなら顔を赤くするような言葉をつかって長期間の隔離を強制するものだから、弱毒で、季節性インフルエンザと変わらないとの情報が流れたとたん、休むこともままならぬ人々、多少の発熱でも検査を敬遠。

したがって東京都内では感染者は数字となって現れず。



有効かどうか、わからないけれど、マスクが全国から消え、もっとも必要とされる妊婦や持病をお持ちの方々に優先してまわす政策もとらず。



オバマ・アメリカは新型インフルエンザ対策に15億ドル、日本円で1450億円を各州の現場にポンと供出したが、聞けば麻生・日本は全国の保健所にわずか8億円を対策費としてまわしただけ。

政権を守るために大盤振る舞いのバラマキはやるが、国民の生命を守るためのカネは、雀の涙。



こうした事実、さる国家からみれば核なんかよりも「生物化学兵器」の方がずっと有効とみる。



いずれにしろ、「屁には屁を」なんてことでもって「敵基地攻撃能力の保有」とか「武器輸出三原則の緩和」がセットで出てきたら、要注意。

犠牲多くして、益を得るは、ほんの一握り。



ここは、やっはり、小ッ恥ずかしくて、なかなか口には出せない言葉だけれど、「友愛」のシンボル、鳩の山を支持したい。
2009.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/68-3d2643b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。