上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
はるか遠い将来、“世界連邦政府”なるものの実現が理想。



とわかっているけれど、このグローバリズムと称する世界観、どうもいけない。



サブプライムローンなんて詐欺が瞬時にして世界経済に壊滅的打撃を与え、儲けた奴らは知らんふり。

金儲けがなぜ悪いんだ、との拝金至上主義が世界を駆け巡る。



こちら日本政府、「焦眉の急」というんで、補正だ、補正だ、補正だ、と追加しつづけ、国民生活を守るためなのか、自民党の支持率を上げるためなのか、莫大な借金してのバラマキ政策しか能がない。

支持率アップ狙いに重心があるからこそ、一時しのぎの政策にすぎず、明るい未来への展望もなし。

こちらは、権力至上主義か。





と思っていたら、今度は“豚の逆襲”で人類は、大慌て。

鳥インフルエンザばかりに意識がいっていて雑菌に強い豚はノーマーク状態。





牛に、安上がりだからと牛の骨粉を与えて、狂牛病。

近ごろは名称にさしさわりがあるからかどうかは知らないけれど、BSE(牛海綿状脳症)と言い換えてはいるが、どうみても狂った牛。

そりゃ、そうだ。

知らないうちに自分らの骨を食わせられつづければ気もおかしくなる。



この狂牛病以来、牛の肉は食べていない。

発症する確率を考えれば、ほぼ安全と想像はつくけれど、あえて食べる気にもならないのは、安全だ、というアメリカ政府、それに妥協する日本政府への不信感。

とりわけ、日本の農水省の事故米騒ぎで、よけいに不信感はつのる。



サーズ、エボラ出血熱、エイズ…、いずれも、かつては風土病とされたもの。

が、グローバリズムで、これらの感染症も地球を駆け巡る。



メキシコへの旅行者、不要不急ならばさしひかえるようにと日本政府は言うけれど、あるテレビクルーが成田でインタビューしていたら、

ある女性、

「観光です。人込みにはいかないようにします。マスクもします」

なんて平然と出かけていったシーンが映し出された。



危機意識の低い人なのか、ひとり、まさしくトン死する覚悟ならかまわない。

が、こちらは「あんたひとりの問題じゃないよ」と、がく然とする





ふと足下を見れば、相変わらず子殺し。

大好きだった母親に殺された聖香ちゃん。

なぜ幼児虐待が繰り返されるのか。



公然ワイセツなんか、どうでもいい。

子供を本気で守れる仕組みを作ってはどうか。

ちょっとでも変だと思ったら、教師なり、関係機関に家宅捜査の権限を与えて徹底調査。

でなきゃ、子供の命は守れないところまで来ている。



そんなことをしたら、親の人権をおかすことになる?

親の人権守って子供が死ぬぐらいなら、そんな人権などいらぬ。



グローバリズムといったって、こんな人を食ったような狂人病者、自己中心主義者ばかりが跋扈すりゃ、世界連邦政府なんて夢のまた夢の、はるかなる遠い夢。



人の命、あらゆる生命をないがしろにしたままじゃ、破滅への道、まっしぐらか。
2009.04.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/77-7de2d704

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。