上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
資源ゴミという言葉がある。

これは「資源」なのか、「ゴミ」なのか、どちらなのだろう?

ここをはっきりさせてくれないと、どうも落ち着かない。



「資源」というのであれば、われわれ生活者は「資源保有者」であり、売る立場になるのだから、そうとうの金銭、それに類するものを受けとることになる。

昔の古新聞などの古紙回収業者がトイレットペーパーと交換してくれたが、これは「資源」として扱われていたからだ。



しかし、この古新聞も「ゴミ」という定義ならば、こちらが費用を出して処理してもらわなければならぬ立場になるが…。



ここを曖昧にしたままゴミ行政が行われているから話がややっこしくなる。



たとえば、佐渡市から回っている書類には、こんな記述がある。



○資源ゴミ(空缶・空びん)の出し方が変わります。

 ・指定袋を廃止します。

 ・びん、缶はごみ集積所に配布するネット袋に入れてください。

 (ごみ処理手数料は無料です。)





無料というのだから、なんだかありがたいお話のように思えるけれど、これが仮に「資源」であるならば、無料とはナニゴトだ、という話になるのではないか。

なにしろ、こちらは面倒で頭を悩ませられる複雑な分別作業をして、汚れているものは洗い、決められた場所、日時に出すという手間ひまをかけている。

それは「資源」になるのだからとの思いがあるからだ。



にもかかわらず佐渡市は、(ごみ処理手数料は無料です。)なんて人を食ったような書き方をする。



つまり、佐渡市は「資源ごみ」をゴミであるという発想があって、お前たちのゴミを回収してやっているのだ、それも無料で、との思いが抜けきっていないのではないかと思われる。



高齢化先進国の佐渡で、こうした複雑な分別という負担を強いて、なおかつ「資源」を「ごみ」扱いしているのだから、どうにも面白くない。



もっといえば、いまやリサイクルはカネがかかりすぎて自治体の負担が大きすぎる、というのが常識である。

それをわかっていて手をつけたとしたら佐渡市の対応はあまりにもお粗末。



ペットボトルでさえ、あんなものは燃やしてしまった方が安上がり、というのが定説になっているのに…。





これは佐渡市のゴミ行政だけではなく、その原点、国のゴミ行政があまりにもおかしいのだ。

要するに最終処分場が数年後には満杯になるためにゴミを資源として扱う「リサイクル法」に力を入れて、回収させているだけの話。



何度も言うけれど、リサイクルなんてのは三流以下のゴミ行政といわているのに「包装容器リサイクル法」だの「家電」「車」なんでもかんでもリサイクル法で消費者だけを縛り、カネを取る。



すべてのリサイクル法がそうだが、ゴミを作りだしている、あるいは使用している業者、メーカーは、野放し。

作りたいだけ作らせ、使いたいだけ使わせ、その負担は自分たちではなく消費者へ廻すというやり方。

これではゴミが減るわけがない。

元を締める気がないのだから、小手先でごまかしているということにつきる。





自民党とメーカー、さらにお役人らが甘い汁を吸うだけのことに生活者が大きな負担を強いられているというバカバカしいことになっているのだ。



「資源ごみ」などという曖昧な言い方の背後には、こうしたインチキが隠されていると思って間違いない。
2009.04.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/86-6b632a8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。