上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人の言葉を真に受けて、何度も痛い目にあうという人が世の中には案外多いようですね。



だいたい生真面目な人か、世間を知らない幼さを持った人なのでしょうか。





かくいうわたしも、昔、何度か痛い目にあいました。

言葉巧みに持ち上げられ、そうとは知らずに、みんながやりたがらない仕事をうっかり引き受けて、後になって悔いたことが何度かあります。



そうした苦さを何度か噛みしめてくると、人の言葉は100%真に受けてはならないぞ、との経験則が自然に身についてくるもんですね。



はい、そうです。

齢を重ねるうちに、しだいに人が悪くなってきます。







「芸人の妻ですから」



嫁が、こう言ったからといって100%真に受け、「浮気公認」と受けとった男がいますね。





若いな…。

幼いな…。

アホだな…。

と、わたしは、そう思いました。



ま、たいがい若い男というのは、アホですね。

自分に都合のいい言葉は100%真に受けますから。

それで、とんでもない痛い目に合うのですね。



その「痛み」こそが「芸の肥やし」になるのですが…。





ところが、近ごろはなにを勘違いしているのか、「女遊び」イコール「芸の肥やし」と思っている者がいるようですね。

陣内くんも、そうでしょう。

だから罪の意識もなく「女遊び」に文字通り精を出していたのだろうと思います。



「芸の肥やし」だから「女遊び」をする。

これ、逆なんですね。



芸人に必要なのは、なにかというと色気なんですよ。

一流と言われる芸人ともなれば色気をぷんぷん漂わせていますから、ジタバタすることもなく、黙ってたって女が寄ってくる。

モテるのは、当たり前ですよ。

モテない芸人なんか芸人ではない、と言ってもいいでしょう。



その結果として紀香姫に「芸人の妻ですから」と言わしめ、「モテるのは仕方がないこと」と、陣内くんに一流の芸人になって欲しいと望んでいたわけですね。

つまり、遊べ、と言ったわけではないのですよ。

そこを若い人は、勘違いをするのですね。





さてさて、陣内くんは、一流か、どうかなんて問うまでもありませんね。

彼の芸とはなにか、わたしにはさっぱりです。



だいたい陣内くんの名前を知ったのは、紀香姫が結婚する、とのニュース報道でのことですから。

それまで陣内といえば、役者の「陣内孝則」しか知りませんでしたから、「智則」は、その弟か、なんて思ったぐらいです。



その後、何度かテレビで見ましたけど、陣内くんのパフォーマンスで笑えたことは、残念ながら一度もないのですね。

正直言って、その一人芝居のようなコントの面白さがちっともわかりませんでした。



しかし、「紀香姫の夫」という付加価値がついてからはテレビによく出てきては、結婚生活をネタにされ、いじられ役をやっておりましたが、やはり、どうってこともない。



つまり、彼は「芸人」というよりも、ただの「紀香姫の夫」でしかなかったわけでしょうね。



それなのに「芸人の妻ですから」という紀香姫の言葉を真に受けて遊びまくっていたとは、本当にお笑いぐさです。





だいたい、芸人であれ、なんであれ、どこの世界に旦那の浮気を心の底から容認する妻がおりますか?

表向き、そうは言っても腹の中では「わたしがいるのに、浮気なんか許さない」なんて思っているのが、女というものでしょう。

そこまでいかなくとも「やるならうまくやってね。表ざたにだけはなりませんように」と思っていたに違いありません。



「2人や3人ならば許せるけれど、そんな程度ではない」

と紀香姫の母親がコメントしていたようですが、

これまた人数の問題ではないのですよ、陣内くん。

半端な芸人のくせに1人だって許せない、と思っているのですよ。



しかも、陣内くん、写真まで暴露するような女を相手にしてはいけませんね。



素人に毛の生えたような女に手を出すからそういうことになるのであって、プロにはプロの遊びがあるのでしょう。

そこをわきまえないと肥やしにもなりませんて。



そこで一句。



  ゲイノージン 肥やし求めて 才つぶす 



なんてことになりませんように…。
2009.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/94-f0c29a9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。